【痛み】や【痺れ】など【辛い症状】の原因を探る

しびれ

こんにちは!
ProStyle伊那店、院長の平井です^ ^
ブログをご覧頂きありがとうございます。

今日は簡単に、当院の施術の考え方・特徴をお話ししていきたいと思います。

当院の施術の考え方・特徴は、
「症状の原因を見つけ出す事」にあります。

例えば、
腰痛にしても、肩こりにしても、膝の痛みにしても…

痛みが現れている場所は、あくまで『結果』であり、
『原因』ではない事が非常に多いです。

分かりやすいかはわかりませんが、膝の痛みを例にあげて説明していきます。

膝の動きと言えば、主に曲げ伸ばしです。
少々の捻りや、横へのたわみもありますが、
自分の意思で行える動きとしては、曲げ伸ばしくらいだと思います。

なぜ、そんな膝の、内側や外側が痛みだすのか、
それは、常に無理な『捻れストレス』が膝に掛かっているから、です。(あくまで原因の一つですが)

先ほども言いましたが、『膝を自分の意思で捻る』と言うのは難しい事です。
では、一体何が膝を捻れさせているのか、と言うと、
膝の上下にある、〈股関節〉〈足首〉なのです。

股関節も足首も、膝に比べたら動きの範囲が広く、それ故に歪みやすい
すると〈上下の関節で生じた歪み〉〈間に挟まれた膝〉で請け負う事になります。
その結果、膝に無理な捻れストレスが掛かり、痛みとして現れるのです。

そんな捻れた状態で何年も何十年も歩いていれば、軟骨も偏った減り方をしてしまい、膝の変形に繋がる可能性もありますよね。

と言うように、
膝の痛み一つ考えても、原因が全然違う所にあるのです。

それなのに、痛い膝をマッサージしたり、膝に湿布を貼ったり、炎症が起きる事で溜まった水を抜いたりしても、
その時は楽になるかも知れませんが、なかなか良くはなりません。
それは、膝にストレスを掛け続けている『原因を解決出来ていない』からなのです。


このように、我々は原因を見つけ出し、
そこに対して、筋膜リリースやトレーニングなどを用いてアプローチしていきます。


こんな考え方に関心・興味を持って下さった、辛い症状にお悩みの方は、
是非一度ProStyleにお電話下さい^ ^


今後も、こちらのブログに色々な記事をあげていきますのでまたお時間のある時に見て頂けると幸いです^ ^


ではでは!