慢性腰痛が中々治らない姿勢【スウェイバック】とは?

姿勢のお悩み

こんにちは!

腰を揉んでも、電気を掛けても、湿布を貼ってもなかなか治らない…、若しくは
またすぐに戻ってしまう慢性腰痛にお悩みの方!
姿勢のせいではないでしょうか?

“まず我々の認識としては、
腰痛であっても腰だけに原因があるケースはほとんどなく
大抵が、他の関節や、他の筋肉や筋膜の緊張から
結果的に腰痛になっているケースがほとんどです。
なので、腰ではない所の治療が、腰痛の改善には凄く大事なんですよ、と言う事は何となくご理解頂きたいと思います”

他にも原因や見方は沢山あって、
今日はそんな中でも、【不良姿勢が大きな原因になっている腰痛】について少しお話ししていきたいと思います!


皆さんにやってみて頂きたい事があるのですが…
普段通り立ってみて、首だけで下を向き、足元を見て下さい。

こんな風に、自分のお腹に隠れて
「足首から爪先までちゃんと見えない」なんて事ないですか?

見えません!と思った方は、【スウェイバック】と呼ばれる不良姿勢になっている可能性有りです。


スウェイバックになってしまうと、
〈腰の生理的なカーブ〉が損なわれて、腰の負担を上手く分散させる事が出来なくなったり
〈腰の動きに連動するべき、骨盤や股関節〉の動きが著しく悪くなり、腰の負担が増加したりします。

他にも、腰では無いですが…
顔が前に出て、ストレートネックになって首が辛くなったり、
背中が丸くなって、首や肩や背中がこったり、
骨盤が前に行き過ぎないように太ももの前側の筋肉で耐える為に、股関節の前側が痛くなったり、
などなど…

少し書き出しただけですが、悪い事ばかりですね(・・;)


色々な症状に繋がる不良姿勢なので、早速改善を図っていきたいのですが、
この姿勢を改善していくのに大切な考え方が2つあります。

それは、
【使い過ぎてる筋肉】【使えてない筋肉】です。

【使い過ぎてる筋肉】は、縮んで(若しくは伸ばされて)硬くなりますので、的確にストレッチや手技でリリースしていく事が必要で、

【使えてない筋肉】は、的確にトレーニングで刺激し、鍛えてあげる事が重要です。

このスウェイバック、根本的に改善させるのになかなか根気が要ります。そして何より、
〈患者さんご自身が身体を動かし、筋肉を刺激していく〉事がとても重要になります。


ストレッチやエクササイズのお話もしていきたいのですが、
かなり長くなってしまうので、今日はここまでにします!

次回、スウェイバック姿勢改善セルフケア編!(仮)

是非ご覧頂けたらと思います^ ^