【股関節痛】「原因は骨ですか?」いえ、筋肉由来がほとんどです

股関節痛

こんにちは!

今日は症例報告です。


40代男性
左股関節の前側に激痛走り、満足に歩行も出来ず
きっかけは、椅子から落ちて尻餅を付いた事で、
そのあと数日経ってから段々痛みが増してきたそうです。
この方は以前太ももの骨を骨折してしまい、ボルトで固定する手術を受けてらしたので、
その事が心配で病院でレントゲン撮るも異常なし
原因も分からず、詳しい説明もなく、
当院に来院下さいました。


結論から申しますと、
痛みの直接の原因は【大腰筋】でした。

この筋肉は、歩く時に太ももを持ち上げる働きをします。
この筋肉は鼠径部を通る為、問題が起きると股関節の前側に痛みを出します。

そして、その大腰筋の働きを邪魔してるヤツがいるから、
この大腰筋に負担が掛かり、痛みを出すのです。
それはすなわち〈更なる原因〉です。


それが、
もも裏にある、〈ハムストリングス〉でした。

恐らく尻餅を付いてしまった際に、ハムストリングスの筋組織に圧迫による傷が入り、
その後そこは修復されるワケなのですが、通常よりも硬い組織に置き換わる為、十分な柔軟性が発揮されず、
大腰筋の働きを、後ろから引っ張り邪魔をしてしまった、と言うワケです。


加えてもう〈一つの原因は〉
この方は、骨折+手術の既往歴がある為、
普段から庇って過ごされていたのでしょう。
左の脚の筋肉がまるっきり落ちてしまっていたのです。


それらの原因が複合的に重なり、
負担が掛かり過ぎている【使い過ぎてる筋肉】
弱って細くなっている【使えていない筋肉】が出来てしまっていたのです。


なので治療方針としては、
硬くなり過ぎているハムストリングスをしっかり緩め

歩く時に股関節に痛みを感じてらっしゃるものの、
敢えて、2種類の筋肉を的確に鍛えるトレーニングを行う事で、

歩行時の痛みは無くなりました


股関節の痛みに関しては、今回のような珍しいケースもあれば、よく聞くのが
「病院で変形性股関節症と言われた」と言うケースや、
「産まれつき股関節が浅いと言われた」と言うケースです。

いずれの場合も、『痛みを出しているのは骨ではない事がほとんどです』
周辺の筋肉や軟部組織に由来する物がほとんどです。

なので、そう言われた方たちでも諦めるのはまだ早いのです。


股関節痛にお悩みの方は、
是非一度、ProStyleにご相談下さい!