【五十肩】症例報告|適切な強さの施術とリハビリが重要

五十肩

こんにちは!

今日は症例報告です。
寝ても起きても痛む、五十肩の患者さんです…


60代女性、
昨年秋頃から両肩が段々痛くなりだし、
特に肩を捻ると痛み段差を歩く振動が肩に響くようになった。
病院に行ったがレントゲンで異常はなく、五十肩とのこと。
しばらく接骨院に通っていて、痛みは当初よりだいぶマシになったが、肩の動きが中々出てこないので当院にご相談頂いた、と言う流れです。


まず変化の分かりやすい、腕を挙げる動作の写真を。

2回の施術と、その都度指導するセルフケアの実施で
ここまで腕が挙がるようになりました。

ご本人が一番辛く感じているのは、
〈腰に手を回す〉いわゆる〈結帯動作〉と言う動きで、
これに関してはまだまだ改善の必要有りです。
でも、少しずつ改善してきております。


接骨院さんでの治療は、
患部に電気を掛け、いつも同じ所に道具を使った施術をする、のみ。

五十肩の辛さの一つである、腕の挙げ辛さや捻り辛さは、原因は人それぞれに違いますので
「どこが一番動きを止めてしまっているのか?」をよくよく調べて、その人その時に合った施術をしていかねば、
中々動きは出てきません…

ただ良かったのは、
【一番痛みが酷く、炎症がすぐに悪化する初期】の頃に、無闇に刺激の強い施術をされなかった点です。

そのおかげで炎症が落ち着き
当院での施術がスムーズに行えたのは事実です。


五十肩は、正直な所
1〜2回の施術で劇的に改善する事は少ないです。
比較的軽度の物や、筋緊張性の物であれば可能ですが、
多くの場合が、肩関節周辺での炎症も起きており、じっとしてても痛む、と言う重症の場合が多い為です。

炎症がある時に強い施術や強いリハビリは
かえって炎症を長引かせ、痛みの引きを遅くします

だから、〈その時期に合った、適切な強さの施術やリハビリ〉を行う事が重要なのです。


五十肩は、以前は
「放っておけば、半年か、長くて一年で治る」
と言われていました、それに私もそう認識していました。

しかし最近の調査では、
「完全に放置しておいて、3〜4年後までに治るのは、全体の2〜3割程度」とも言われています。

放っておけば大丈夫、とは言えないのが事実なのです。


我々は、五十肩の辛さが少しでも早く改善するように、日々勉強しております。

一辺倒な施術はせず、その人の状態に合った施術を提供します


五十肩かも?な方も含めて、肩の痛みにお悩みの方は、是非一度、ProStyleにご相談下さい^ ^