【首の痛み】【肩の痛み】上や横を向いた時に出る痛みの対処法

肩こり・肩の痛み

こんにちは!

今日は、上を向いたり、横を向いたりした時に出る首の痛みや肩の痛みへの対処法を1つ、お教えします!


普段から仕事で、
重い物を持ったりデスクワークでPCを覗き込んでいたり手を使う事が多い人に出やすい症状なのですが、

仕事がひと段落し、いざ上を向こうとした時に、
首スジから肩にかけて痛みが出たり、
首の後ろに詰まるような痛みや違和感が出る事があります。
酷い場合は、その痛みや違和感がその後も続く場合も…


その、上を向いたり、横を向いたりした時に出る、
首の痛みや肩の痛みの原因の一つは
〈大胸筋〉です。

大胸筋の、印の付いた鎖骨の下あたりに注目して下さい。

大胸筋のこの辺りは特に硬くなりやすい部分で、
この部分と、その上にある首の筋肉は共通の筋膜で繋がっています

胸筋が疲労し硬くなる事で、その緊張が首の筋膜にも及ぶのです。

するとどうなるか、
上を向こうとしたり、横を向こうとした時に、首の前側の筋膜が突っ張ってしまい
上を向く時に働く首の後側の筋肉に負担が掛かってしまい、痛みが出るのです。


なので、上を向くと首が痛む時、
まずはここの、鎖骨の下の大胸筋をほぐしてみて下さい!

特に、真ん中寄りの所腕寄りの所に硬さが生じやすいです。

親指や、人差し指と中指などを使って、
鎖骨の下を横になぞるようにしてほぐしてみて下さい。


いかがでしたか?上手に出来ましたか?
ココの硬さが原因で首に痛みが出ていた場合、これで上を向く時の痛みは改善するはずです^ ^


それでも治らない、
頑固な首の痛みや肩の痛みにお悩みの方は
是非一度、ProStyleにお電話を^ ^