【腰痛】腰椎分離症があるから治らない?諦めるのは早いです

腰痛

こんにちは!

今日は、腰痛の症例報告をしていきたいと思います。

20代男性、慢性的な腰痛で来院。
長時間の運転運動の後痛みが強くなる
10代の頃に腰痛で病院を受診した所、
【腰椎分離症】(腰骨の一部が骨折する傷害)と診断される。
身体を横に倒したり、捻ったり、屈んだり、反ったりすると腰に痛みが出る。
と言った状態でした。


腰の骨が折れてるから、腰痛は仕方ないこと。
と思う方もいるのですが、決してそんなことはありません

事実、初回の施術で、
動いた時に生じる腰の痛みはほぼ無くなり、腰の可動域もかなり広がりました。

ただ、一番痛みが強まる、
長時間の運転時や運動の後、に関してはその場で確認が出来ないため、今後の課題としてはその時の痛みがいかに改善出来るか、になってきます。


腰椎分離症がある事で、腰痛になりやすいと言う事実は否定しませんし、私が施術によって腰椎分離症を治したわけではありません。
症状が強い方は、一回で劇的に改善しない場合もあります。

ただ、「今ある腰痛は、全て腰椎分離症のせい」と言う事はあまり無いのです。


腰椎分離症以外にも、
周囲の筋肉の緊張があったり、
筋膜ライン上に緊張やひきつりがあったり、
腰骨同士の関節に硬さが生じていたり、
筋膜同士の癒着があったり、
同時に色々な要素が加わって、今の腰痛になってしまっている事がほとんどです。

なので、そう言った要素を丁寧に診て改善していけば
腰椎分離症であっても、腰椎ヘルニアであっても
痛みが改善する可能性は十分あるのです。(急性期のヘルニアに関しては、痛みや痺れがかなり強く、かなり難しい状態である場合が多いです…)


今回の患者さんの腰痛に関しては、
広背筋の硬さ(胸腰椎の動きの制限や、骨盤の制限)
ハムストリングの硬さ・癒着(骨盤の制限)
腸腰筋の硬さ(腰椎や股関節、骨盤の制限)
をリリースする事で、かなり改善しました。

ただハムストリングの癒着に関しては、
〈膝の捻れ〉があったり、〈土踏まずの低下〉など、
脚に由来する〈更なる原因〉が見付かりましたので、
その更なる原因も改善していく事で、根本的改善に近付くと考えています。


少々難しい話になってしまいましたが、
『診断され、傷病名が付いているからもう腰痛は治らないんだ…』
と、諦めてしまっている方がいるとしたら、
そんな方に一人でも多く見て頂けたら嬉しいです^ ^


なかなか改善しない慢性腰痛でお悩みの方は、
是非一度、ProStyleにお電話を^ ^