【肩こり・首こり・頭痛】慢性化した症状を改善するには姿勢を見直す

姿勢のお悩み

こんにちは!
今日は、症例報告です。

40代女性
若い時から肩こり、首のこり、頭痛に悩まされており、
ここ数年は特に酷く、ほぼ毎日頭痛があり薬を飲んでいる。
マッサージなど受けても、あまり改善した感じがしない。

と言う事でした。

まずこの方の姿勢を見て頂きたいのですが

分かりますか?

立つとまた分かりやすいのですが、
この方は、普段からこのくらい首が前に倒れてしまっているのです。

人の首は、普段から重い頭を支えています(4〜6kgと言われています)。
そんな首の負担は、角度で大きく変わると言われていて、
背中のラインから首に移行する部分が
15°になると首への負担が2倍
30°になると首への負担が3倍になると言われています。

首の負担が増えれば、
その分頭を支える為に力が要りますので、
普段から首や肩に力が入りっぱなしになり、
肩こりや首こりになりやすくなります。筋緊張性の頭痛も同様です

それだけでなく、
酷い場合には、頚椎ヘルニアや頚椎症などの首の傷病に繋がる可能性もあります。


なので、この首の倒れが少しでも軽減し、肩や背中周りの力が抜ける状態になる事を目指して施術していきました。

いかがでしょうか?
だいぶ、最初の時よりは、背筋や首の角度が改善したのがお分かり頂けると思います。

ご本人も、肩が楽になり、さっきまで出ていた頭痛が無くなったと仰っていました。


僕がやった事としては、この姿勢にしてしまっている、
〈硬く縮んだ筋肉〉をリリースし、
〈弱くなり、使い方を忘れてしまった筋肉〉に軽いトレーニングを入れていったのです。

このような〈不良姿勢〉と言われる姿勢になってしまうと大抵、
〈硬くて使いすぎている筋肉〉
〈使えなくなってサボっている筋肉〉の両方が存在します。

なので、この両方にアプローチをしてあげる事が必要なのです。

マッサージだけ受けて、〈硬くて使いすぎている筋肉〉をほぐしてあげても
〈使えなくなってサボっている筋肉〉を使えるようなしてあげないと
姿勢はすぐに崩れてしまい、また辛さが戻ってきてしまうのです

もちろんアプローチが必要な筋肉は一つや二つでありませんので、ここでの細かい説明は割愛します。


そして慢性症状は1回や2回の施術ではなかなか治らないので、
ある程度筋肉の状態が良くなり、姿勢が改善し、セルフケアだけでコンディションが維持できるようになるまでは、通院をオススメしています。

大体、4〜5回通って頂いた時点で、
症状の戻りにくさや、通院前との私生活での違いを感じて頂けています。(改善自体は、初回から感じた頂ける事が多いです)

ご自身の、良くなりたい!と言う強い想いとある程度の努力も必要です^ ^



長年の辛い肩こりにお悩みの方は、
是非一度、ProStyleにお電話下さい^ ^