【脚・お尻の痛み】「坐骨神経痛と言われました」本当にそうでしょうか?

しびれ

こんにちは!

今日は、症例報告です。


60代女性
1ヶ月程前から、歩く時に右のお尻からもも裏にかけて痛みが現れ、病院を受診したところ「坐骨神経痛」と言われ、レントゲンをみながら「背骨が狭くなってる所があるでしょ?」と説明を受け、飲み薬を処方された。
飲んでいる内に良くなったが、今度は左股関節の前側と、左もも裏に痛みが出て、薬を強くしてもらったけど良くならない。
今日また右のお尻が痛くなってきた。



との事でした。


まず私は、
〈背骨の影響による坐骨神経痛だ〉と言う先入観を捨て

『本当に坐骨神経なのか?本当に背骨の影響による物なのか?』
と言う姿勢で診ていきました。


と言うのも、
この方は、神経による症状らしい物、例えば
⚪︎痺れ
⚪︎感覚の異常
⚪︎力が入りにくい
などが見受けられなかったのです。

ただ一つ、〈痛み〉に関しては神経の仕業である可能性がありますが、痛みの原因は他にもたくさんあります。

他にも、
背骨が狭くなっている、と言うものの
背骨にストレスを掛けるような動作、例えば
体を横に倒したり、捻ったり、反らしたりしてもさほど痛みに変化は無かったのです。
背骨で明らかな神経の圧迫があるのなら、痛みや痺れの増強が伴います。


痛みが出る時のタイミングとしては、
歩いている時。

お尻やもも裏の痛みは、
歩行時脚を後ろに蹴った際に現れます。

左股関節の前側の痛みは、
歩行時脚を前に出した際に現れます。


色々細かく診ていった結果、
脚を後ろに蹴った際の痛みは、

ここの外側広筋やその周辺の筋膜の硬さによる物でした。

ここが硬くなってしまうと、脚を後ろに蹴る時にツッパってしまい
〈後ろに蹴る為の、お尻やもも裏の筋肉〉に必要以上の負荷が掛かります。
それによって、お尻からもも裏に痛みが出ていたのです。

ここの筋肉・筋膜のリリースをしてあげる事で、
お尻からもも裏の痛みはおさまりました。


では、
なぜ、そもそもココが硬くなってしまうのか?
左の股関節前側の痛みはなぜ現れるのか?
それは、この方の特徴的な立ち方や歩き方にあります。

これは歩行時の映像なのですが、
どっちの足で立っている時も、上半身が大きく右側に曲がっているのです。

では、
なぜ、体が右に寄ってしまっているのか?
お話を聞いていく内に分かりました。

それは、問診票には書いてなかったのですが、元々以前から〈左の膝〉が痛いんだそうです。
なので、体重を右足に寄せるような立ち方がクセ付いてしまっているのです。


なので、この方の症状を根本的に改善に導くには、
立ち方や歩き方を改善しなければならない
その為には、右膝の痛みも並行して解消していかなければならない
と言う事が分かってきました。



いかがだったでしょうか?
この方の経過は、まだまだ途中なのでここまでしかお話出来ませんが、また機会があればその後をお話したいと思います。


当院では、
今回の症例のように、病院からもらった診断名に囚われる事なく、本当の原因を見つけ出す事に力を注いでいます。

痛みの原因、その原因、さらにその原因…
と言う感じにドンドン深掘りしていきます。

そして、仮に原因が背骨自体にあったとしても、
症状自体が改善するケースは沢山ありますので、私は諦めません。


今回のように、病院からもらった診断や、受けた説明に納得がいっていない方や、他に方法は無いか?とお探しの方は、
是非一度、ProStyleにお電話下さい^ ^