【膝の痛み】膝に注射をしたり水を抜いても痛みを繰り返す理由

膝痛

こんにちは!
今日は症例報告をしていきたいと思います^ ^


50代女性、
今年の夏頃から左膝が痛くなり、腫れだし、
曲げ伸ばしが困難になった。普通に歩けない
整形外科で、膝に溜まった水を抜いたり、薬を入れたりするものの、また数日後には痛みと腫れが出てくる。
少しずつ悪化しているように思える。

との事でした。


まず治療前後の写真をご覧下さい。

来院時は本当に膝の曲げ伸ばしが困難で、強い痛みも伴いました。

しかし治療後には、膝の可動域が広がり、動きに伴う痛みもほとんど気にならなくなった様子でした。
(歩行時、荷重時の痛みはまだまだありますが)


ではどんな治療をしていったかと言うと、
もちろん膝の関節も診たのですが、今回一番注目していったのは
【ふくらはぎの筋肉】、それも足首に近い所です。


普段から、膝の治療をしていく際に、僕が大事にしている考え方があります。それは、
【膝は、股関節や足首の影響を強くうけている】という事です。

と言う関節は、本来曲げ伸ばししかしない関節です。
そんなシンプルな動きしかしない関節に痛みが出る時と言うのは、多くの場合
〈膝に捻れるストレス〉が掛かっているのです。

そしてその、捻れるストレスを産み出すのが、
“グリングリンと自由な方向に動かす事が出来て、その分クセがついたり歪みが生じやすい”
〈股関節〉〈足首〉なのです。

このお話をしたあと、患者さんご本人がハッとした顔をして、
『そう言えば、膝が痛くなる前に足首が痛くなったんです。』と仰っていました。


つまり、股関節や足首から生じている歪み(ストレス)を、
膝は緩衝材として受け続けているのです。
なので、
そのストレス自体をどうにか取り除いてあげない限り
いくら膝の水を抜いても
いくら膝に薬を注射しても
いくら膝に湿布を貼っても
再び痛みがでて、腫れてきてしまうのです。


ここからの治療としては、
足首に一体何があったのか?股関節の動きを悪くする要素は?
となっていくのですが、めちゃくちゃ長くなってしまうので今日はココまでにします^ ^

とにかく大事な事は、
【膝自体が悪い訳ではなく、膝にストレスを掛け続けている真犯人を見つけ出す】こと!



膝の痛みでお悩みの方、病院に通っているが痛みを繰り返している方、

是非一度、ProStyleにお電話を^ ^