【腰痛】がマッサージや電気で治らない?|それは腰が原因じゃないから 

腰痛

こんにちは!
今日も、症例報告をしていきたいと思います^ ^

60代、女性
主訴:腰痛
以前にも腰痛になり、その時は接骨院でマッサージを受けて良くなった
昨年11月頃から腰痛が悪化し、前に屈むと痛い。
車の乗る時、立ち上がる時、掃除機をかける時など痛い
マッサージを受けても今回はあまり変わらなかった。

他にも、左肩の酷い肩こりや、歯茎の腫れや痛みもあるそうです。


まずこちらの画像をご覧下さい。

かなり、深く前屈が出来る様になったのがお分かり頂けると思います。


一体なぜ、
腰のマッサージを受けたのに良くならなかったのか?
それは、【原因が腰ではなかったから】です。

今回の腰痛の最大の原因は、

ここ、左の【内腹斜筋】でした。


〜ココからちょっと難しい話デス〜
この方は仕事で、
前に屈んだ姿勢で、“体を左に捻る作業が多い”そうです。
左の内腹斜筋は、体を左へ捻る働きをしますので、使い過ぎて硬くなっていた可能性があります。

加えて、“反り腰”がありました。
反り腰の状態と言うのは、一見
「ちょっとお腹が出てる」だけのように見えますが、実はお腹のインナーマッスルである
【腹横筋】の筋力低下によって、内臓が重力に負けて前に出てきてしまっていて、その結果お腹が出ている事があります。


この腹横筋がうまく機能しておらず、反り腰が続くと、
先程挙げた内腹斜筋が、代わりに働いてお腹を引っ込めようとしてくれます。


以上の事から、常習的に左の内腹斜筋が硬くなっていたと言えます。


この内腹斜筋が過緊張しますと、
その表面や奥に張り付いている〈外腹斜筋〉〈腹横筋〉との滑り、つまり“滑走性”が徐々に損なわれ、身体を動かした際にイチイチツッパるようになります。
そのツッパりが、体を動かした際に必要な力を増やし、次第に腰への負担が増していきます…

このツッパりをお腹に感じる事もありますが、多くは
【腰痛】として現れるのです。


なので、最終的な目標・再発を予防していく為には”反り腰を改善”し”姿勢や体の使い方を変える”事になります。
(同じ姿勢・体の使い方を続けている限り、再び同じような痛みが現れる可能性があります…)



いかがだったでしょうか?
接骨院さんや、マッサージを否定するわけじゃないのですが、
同じ治療を数回続けてみて、症状に明らかな変化・改善が無い場合、
“治療すべき場所や方法を疑う”必要があるのかな、と考ています。


もし、腰のマッサージや、今受けている治療で症状に変化を感じていない方は、諦める前に
是非一度、ProStyleにお電話を^ ^