【腰痛】腰のマッサージであまり改善が感じられない腰痛|原因を探せ 

腰痛

こんにちは!

今日も症例報告をしていきます^ ^


40代、女性
主訴:腰痛
前に屈むと痛む
寝返りや、くしゃみの時にも痛む。
立ち上がる時に時々痛む
以前から腰は時々痛かったが、
仕事の部署が、体力的にキツい所に変わった一年半ほど前から悪化。
3人目の産後、ぎっくり腰になった事もあった。

他には、
太ももの裏側に疲れを感じる。
との事でした。


まずこちらの画像をご覧下さい。

屈んでいくと現れていた痛みが
ほとんど気にならないレベルになりました^ ^

ズバリ、痛みの直接の原因は、

【内腹斜筋】【外腹斜筋】硬さ・筋癒着でした。

この筋肉はどちらも、
体を捻ったり(回旋)、横に倒したり(側屈)、前に倒したり(前屈)、
様々な動作に働きます。

仮に、この筋肉がガチガチに硬くなり、周辺の筋肉と癒着を起こしてしまったなら

どんな動きをする時にもツッパってしまい、
どんな動きをする時にも腰に負担を掛けてしまう
ようになります。

さらに、腰の筋肉をより強く・より安定させる【胸腰筋膜】と呼ばれる筋膜の繋がりがあるのですが

その浅い層で〈外腹斜筋〉が、
深い層で〈内腹斜筋〉が〈腰の筋肉〉と連結しているので、
内・外腹斜筋の機能不全は腰の安定感を欠く事に繋がります


では、なぜそんな事になってしまったのか?
を、考えて行く事が、再発予防に繋がります。


まずこの方は、右側の腰が特に〈反りが強く〉
右の腹斜筋の緊張が、腰の反りを抑え込んでくれていた可能性があります。



さらに、それとも繋がるのですが、
産後ぎっくり腰になった事がある、と仰っていた事も踏まえると、
お腹のインナーマッスルである〈腹横筋〉が弱っている可能性が高いです。

女性は、妊娠によりお腹が大きくなるので、その際に、
お腹の筋肉は引き伸ばされる形になります。

そして産後そのままでいると
その引き伸ばされた〈腹横筋〉が十分に機能を回復させる事なく、私生活に戻って行く事になります。

そんな衰えたインナーマッスル(腹横筋)をカバーする形で、
アウターマッスル(外腹斜筋)が代償的に働き過ぎたりする
のです。


この右腰の反りの強さにアプローチしていったり、
インナーマッスルを適切に鍛えて行く事で、
今までと同じ負担の掛かり方を改善していける
のではないかな、と思います。



いかがだったでしょうか?
産後、衰えやすい大切な筋肉はいくつかあり
それらを全く鍛え直さず仕事に復帰して、
「以前よりも体が調子が悪い…」
と感じている方は意外と多いように思います。

それがそのままいくと、本来負担が掛からない所に負担が掛かりすぎてしまい、痛みのきっかけになる事もあります。


原因がよく分からない、慢性的な腰痛にお悩みの方は
是非一度、ProStyleにお電話を^ ^